おしゃれな照明で室内の雰囲気を良くする

おしゃれな照明を上手に使うと、室内の雰囲気をより良くする事ができます。事前に商品の仕様をよく確認して、イメージ通りに室内を照らせるようにしましょう。
商品の仕様でチェックすべきポイントとして、まず明るさと色温度をチェックしましょう。


明るさを調べるには、ワットやルーメンという言葉に注目すると簡単です。


例えば、商品の説明に40ワット以下と書かれていたら、40ワットまでの電球を使えます。



ワットやルーメンの値が高いほど明るくなるので、室内を明るく照らしたい場合は高い値の商品を選ぶと良いでしょう。
色温度はケルビンという単位で表現され、値が低いものは暖かみのある暖色、値が高いものは青白い昼光色になります。明るさや色温度を調整できる製品もあるので、用途に応じてチェックしておきましょう。


次に、カバーの有無をチェックしましょう。
光源の周りを囲むカバーの状態によって、光の性質は変わります。



電球から直接光を当てると陰影が濃く出て雰囲気が硬くなるでしょう。
カバーのある場合は陰になっている所まで光が回りやすくなり、室内を柔らかい雰囲気にできるのが特徴です。好みに応じて使い分けるのが大切です。


おしゃれな照明はカバー自体が装飾されている場合もあるので、インテリアとしても優れた存在になります。
この他にも、光の向きをチェックしましょう。

高い所から下に向けて照らす製品は、日の光と同じ様に光が降り注ぐ形になるので自然な雰囲気を与えます。
下から上に照らすものは壁や天井に光を反射させて、穏やかな雰囲気を作り出す製品です。



これらのように、商品の要素を考慮する事で屋内の状態をイメージ通りに変化させやすくなります。おしゃれな照明を上手く使えば、インテリアはより良い雰囲気にできるでしょう。